【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

依存症改善したり、なりたい自分になるためには絶対にアファメーションを覚えましょう。

こんにちは飯野です。

 

依存症改善したり、悪い習慣を断ち切る為には、まず自分のゴールを決めること。そしてしっかりと自分がどうなりたいか?という事を常に思い描くことが大事です。

 

 

自分が立てた計画を実行する為には、アファメーションが非常に役に立ちます。アファメーションというのは、言葉の力で自分自身をナビゲーションする方法です。

 

 

アファメーションとは簡単に言えば、目標を声に出して読むと言う事ですが、最初は全く分からないし、効果なんて本当にあるのかどうか?と思う方が多いと思います。僕自身も全くアファメーションについて信じていなかったのですが、本当に素晴らしいです。

 

 

引き寄せの法則と言う様な法則も流行りましたが、結局引き寄せの法則というのはアファメーションの事です。世界トップレベルの人も普通に実践しているアファメーション。

 

 

成功している経営者たちは、アファメーションというのは常識的なものです。逆にアファメーション言う事は惜しまないのは恥ずかしいと言われるくらいのレベルですので、ビジネスにも使えますので絶対に覚えておく必要があります。

 

 

ちなみに『依存症7日間短期改善プログラム』の特典に、しっかりとアファメーションの書き方や、アファメーションの基本的な考え方っていうのも書いてありますので、依存症改善をしたい方や、悪い習慣を打破したい人は絶対に覚えておいて欲しいと思います。

 

 

アファメーションというのは、知らない人はかなり怪しいと思うかもしれませんが、世界中で使われている最もメジャーな成功法則となりますので、自分自身のゴールを決める為にも絶対に使って覚えておいてください。

 

 

アファメーションの約束事は大変簡単であり、

 

  1. 否定的な文章を使わずに肯定的な文章を使うこと
  2. 断言する事
  3. 一人称を使うこと

 

と言うたった三つのルールです。

 

 

例えば

 

  • × 私は借金をしたくない
  • ○ 私はお金持ちだ

 

これは、借金というキーワードを入れた場合、借金というアファメーションをしている事になります。つまり借金をしたくないという事は、頭の中で借金というキーワードを思い描いていることになるわけです。

 

 

ですので否定的な文章を使うのではなく、肯定的な文章を使います。

 

 

やせる場合であれば、太りたくないではなく、痩せて綺麗になっていると言うふうに肯定的な文章を書くと言うことです。

 

 

また、断言するという事も大事です。私は成功しています。成功していきたいですと言うのは、成功していきたいという継続的な事をアファメーションしている事になりますので、成功している行動の途中が目的になるわけです。

 

 

ここら辺は少し慣れていないと難しいかもしれませんが、断定したり、未来の自分をあたかも今起こっているかのように脳みそに錯覚させることが大事です。

 

 

人間の脳というのは、今現実に起こっている問題と、アファメーションにより、あたかも未来の出来事が現実のようになっている問題との間を埋めようとします。

 

 

例えば今借金まみれであったとしても、

 

私は今、月収300万円稼いでいます

 

と言うふうにアファメーションする事が大事と言うことです。今借金まみれの自分と、月収300万円稼いでいる自分というのがギャップがあります。

 

 

人間の脳みそというのは、このギャップというものすご嫌いますので、300万円稼ぐ為にはどのようにしたらいいのか?という事の行動を自分で探すようになるのです。これがアファメーションの力なのです。

 

断言が恥ずかしい場合は途中経過をしっかりと書く

 

アファメーションが慣れていない場合、断言するのが恥ずかしいとか、現実とのギャップがありすぎてなかなか受け止めれないと言うような人もいます。

 

 

逆に言えば、このギャップを埋めることがアファメーションの役目であり、ギャップがあればあるほどいいのですが、慣れていないのであれば気持ち悪く、それを心のストッパーになる可能性がある為、無理してアファメーションで断言する必要もありません。

 

 

その場合は途中経過を入れてあげると効果的です。

 

  • 資格が取れるように努力をしている最中だ。
  • 私は今月収100万円以上稼げる作業をしている途中である。

 

と言うふうに、今目標の途中であるという風にアファメーションを作ることで、ある程度の心のギャップを埋めることが出来ます。

 

 

また慣れていない人は、期限を入れると有効というケースもあります。いつまでに○○を達成するとか、○○がいつまでに手に届くと言うふうな感じで、期限を入れる事が非常に重要だし、アファメーションとしては効果的と言われています。

 

 

またアファメーションを最初していない人は恥ずかしいと思いますが、しっかりと声に出して、脳みそに振動させることが大事です。ブツブツと唱えることで、潜在意識に語りかけることが出来ると言われています。

 

良い質問を脳みそに投げかける

 

自分自身の脳に聞いてみると言うのも大事です。脳に問いかけることで強制的に働かせてしまいます。

 

 

自分で自分自身に質問する事で、自分を客観的に見ることが出来ます。依存症を続けてしまう自分の弱さだったりとか、どのような事が原因で今依存症になっているのかという所が分かってくるケースがあります。

 

 

僕自身一番初めに『依存症7日間短期改善プログラム』を行う際、徹底的に自分自身を自己否定して、自分自身に問いかけることから始めました。

 

 

ですので自分自身に良い質問すると言うことは非常に重要な事だと思います。

 

 

なぜ依存症になってしまったんだろう?というのはネガティブな質問だと思います。依存症になったきっかけや、物事にハマったきっかけ、悪い習慣を始めたきっかけという風に、思い出すのはすべてネガティブな事ばかりです。

 

 

依存症を患った事によってどのようなプラスがあったのか?と言う様な事を考えます。これはポジティブな考え方になります。

 

 

例えば依存症を自分自身で感じることが出来たので、成長が出来たとか、相手が親身になってくれたとか、今までの人生をリセット出来て新しい自分が発見出来たとかいろんなポジティブな考えが出てくるはずです。

 

 

例えばなんで痩せられないのだろう?という質問すれば、ネガティブな部分しか思い浮かばないと思います。いつもラーメンを食べるからなぁ…とか、夜どうしても夜食を食べてしまうからな…とかです。

 

 

一方「やせる為にはどうすればいいか?」という風にすれば、やせる方法について脳みそが考えてくれます。ポジティブな解決方法を考えてくれるはずです。やせる為の情報や手段をあなたの脳みそが探してくれる良いなります。

 

 

これがアファメーションの基本的な考え方であり、良い質問という本当の意味です。

 

 

質問は否定的なものではなく、前向きな文を選択します。

 

  • 効率よく作業するにはどのようにすればいいのか?
  • なんで自分はこんなにどん臭いのか?

 

下は否定的ですし、上のような質問を投げかければ色々な方法を考えてくるはずです。

 

  • もっとお金を稼ぐ為にはどのようにすればいいのか?
  • 何度お金がないのか?

 

 

これも同様で、上のように考えることが出来.上手く自分に質問する事が出来れば、お金を稼ぐ為にどのような事をするのかを考えることが出来ます。

 


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

依存症、悪い習慣をやめたい人はまず呼吸法と瞑想が効果的。
依存に悩まされて、悪い習慣にわかってはいるけど囚われている方は多いと思います。解消の方法はあるのでしょうか?
依存症の自分自身を見つめ直し、意識改革を始める
依存症を改善する為には、まず自分自身を見つめ直し、意識改革から始めることが大事です。
依存症から抜け出す為の方法|意識法というやり方
苦しい依存症から抜け出す為には色々な方法がありますが、意識法というものについて解説しています。
依存症を自宅で改善する為の具体的な方法|EFTについて
自宅で依存症を治す為に効果的なのはEFTと呼ばれる方法です。
依存を解決する為の様々なEFTについて|EFTの応用など
私は依存症も自宅で解決する事が出来ましたがEFTを知ったおかげです。EFTの応用について説明したいと思います
イライラしたとき、依存症がでそうになったとき、悪い習慣をしてしまいそうな時の対処法|認知療法について
依存症がでそうになったときや、悪い方向に行きそうになったとき、どのような大勝すればいいでしょうか?また認知療法についても説明します。
依存症や悪い習慣から逃れる為に、目標をしっかりと決めることが大事
依存症から逃れる為には、目標をしっかりと定めましょう。原因を放置したままやっていけば全く意味ありません。
依存症や、悪しき習慣を断ち切る為の目標の立て方
依存しているモノや、悪しき習慣を断ち切る為の目標を立て方について。