【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

依存物に頼る女性が増えた背景など

女性 依存症

 

女性は仕事や結婚で人生が変化します。今、女性の依存症が増えているのですが、やっぱり現代の歪みなんでしょうか。

 

昔の女性の持ち味は、『良妻賢母』と言われていました。世の中もその実情を求めていたし、昔の女性はそう言う風に育てられたという事でしょう。でも今は変わっています。

 

進学・就職・結婚・出産等をめぐって折々に選択を迫られ、いずれの道をどう選ぶかで、生活様式が大きく変わる。

 

男性は結婚しても以前の生活パターンを続けていられるけれど、女性は一つ一つ自分自分自身で選ばなければならない。

 

けれども広い範囲にわたる背景から自分自身を抑えてきて、周囲によく思われるような生き方しかしてこないと、いよいよというとき、自分自身はどうしたいのか、どうしたら大丈夫のかわからないという風になってくる。

 

いろんな未来形があるけれど、そのどれにも自分自身はなれていないと感じてしまう。本当の自分自身とのギャップに苦しみだすと言う様な事です。

 

『本当はこうでなきゃいけないのに』『こうすることが可能なはずなのに』とか、マジメであればあるほど悩み始めるのです。そうして自分自身の中で抱え込んでしまう。

 

自分を出せないと、人との距離感も効率よくつかめません。誰かのほんのわずかの行動や一言がすごく気に違いありません。自分は避けられているのではないかとイメージしてしまい、もやもやが大問題になっていきます。

 

そもそも人に相談した経験がないので、どう話したらいいか把握していないので、結局のところ、人間ではなく依存物に頼ってしまうという訳です。

 

もう子どもじゃないのにこんなこと気にするなんて恥ずかしい、または相談するのは弱い人間で、強い人は自分自身で解決するものだとイメージしているから人に相談するのが恥ずかしいとなります。

 

そういうのが積もり積もって、依存物へと走る。そして酷い時には自分を傷つける様になります。

 

女性もストレスを上手く発散する事、内面を鍛える事が大事

人間は嫉妬心を始めとして、そういった部分が多くあります。自分に嫉妬心があるなんて一般的に考えて気付きません。

 

嫉妬心があることに気づかないと、その人より優位に立ち自分自身をよく見て貰うためには、手段を選ばなくなって相手の悪い部分をこてんぱんにこき下ろしたりする様となっています。

 

誰でもいい部分と悪いところが持っていますから、対等でいればいいのに、このような価値観はもちろんの事、スキルを学んできてないから出来ない女性がたくさんいる。

 

そんな自分の性格をはじめとして、器が見えてきたときは、これが私か、、と絶望して、アルコール、薬物などに今まで以上にハマる。

 

でも、それって本格的な解決って全く出来ていないので、ただ単にアルコール、または薬やギャンブルをやめればそれで解決かというと違います。

 

あなた自身を見つけ直し、改善する為には、自分自身の内面を磨く、これはよりよく生きていくためには避けて通れない過程だと思います。そのときに、元に戻るか、あるいは進むか。これも自分自身なんだと受け入れたとき、『嫌だったら変えていく』という選択肢が初めて生まれるとのことです。

 

依存物に頼らず、昔の団地とか、井戸組場などの主婦の井戸端会議みたいにお喋りをする中で、優れた面も嫌な面も自然に小出しにして、自分自身に向き合うスキル、それに加えコミュニケーションのスキルを学べれば最高ですけど、、、。

 

ありのままの自分、あるいは現実を見ていくことができると、心の風通しが上昇します。

 

風通しがよくなると崩れやすくなるんじゃないかと感じる人がいるかもしれませんが、弱くなるのとは違って、逆に強くなっていける様になるわけですね。自分だけの殼に閉じこもっていた人が、『私はこう考える』『私はこうチャレンジしたい』と本音を出せるようになると、明るくなって話し方も表情も変わってきます。

 

そうすることで、依存物に逃げていた弱い自分と決別出来るようになってくるというわけですね。

 

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

女性に依存症が多い理由
女性は依存症が多い言ってもいいかもしれません。女性と男性、依存症になるまでのプロセスなどについて。
【依存症になるパターン】ストレス解消、リラックスや気分転換
ストレス解消、またはリラックス、気分転換のつもりが、、、よくある依存症になるパターンとも言えます。
コンプレックス解消、現実逃避、苦しさから抜け出す
様々なコンプレックス、現実逃避、そして不眠、不安や苦しさから逃れる為にあることにハマっていく。それが依存症の最初の入り口です。
依存症になる前の精神状態、依存するキッカケ
依存症になった時、表面に現れているのは氷山の一角であり、ココロには深いものがあると思います。