【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

恋愛依存症や回避依存症

こんにちわ、飯野です^^。

 

私のプロフィールを読まれた方はご存知だと思いますが、私も5年前は重度の『セックス依存症』『出会い系サイト依存症』でした^^;妻も子供もいながらホントに今考えれば恥ずかしいお話ですが、、

 

 

それで、今回は、私の依存と近からず遠からずという感じの『恋愛依存症』とか『回避依存症』についての記事です。私は依存しているものがセックスや出会い系サイトでしたし、妻以外には恋愛感情はなく、女性中心の青春時代ではなかった(友だちや趣味優先)ので、恋愛依存症ではないのですが、最終的に体の繋がりという意味で決して無関係ではないと思っています。

 

 

回避依存症というのは、あまり聞かない言葉かもしれませんが、読んで字のごとく『人との深い人間関係の構築を避け、そういった面倒なものを回避する』事をいいます。

 

 

今、ゆとり世代、サトリ世代と言われていますが、そういった時代背景もあると思います。更にネット依存症、スマホ依存症と併用で回避依存症になる場合も多く、インターネットやスマホがあれば問題が解決できるという思いから、面倒な人間関係はいいやって思う若者も多いようです。

 

 

インターネット依存症、スマホ依存症についてはコチラのページに書いていますが、恋愛依存症は人と繋がっていないとダメ、回避依存症は人と繋がることを避けるという、いわば両極の依存症です。

 

 

恋愛依存症は女性の場合が多く、回避依存症は男性が多いらしく、他の依存症と同様で、自覚症状がないと言われています。

 

 

自分で依存症だと気付きやすい依存症や、気付かない依存症があるのですが、回避依存症などは本当に自分では自覚がない方が多いようです。人との繋がりで考えられるメリットを考えると、回避依存症は改善出来ると思います。

 

 

例えば、将来を考える。これは『依存症7日間短期改善プログラム』で学んだのですが、未来の自分を考える。例え今、回避依存症(自分では気付かない、気付いていたとしても治すつもりもない)で不具合がないとしても、未来を考えた時『子供が出来て、バーベキューとかする時に友だちいなかったら寂しいよな』とか考えると、人と繋がる面倒臭さよりも、繋がって楽しい事の方にフォーカス出来ると思います。

 

恋愛依存症はどういったデメリットがある?

 

恋愛依存症はセックス依存症と違い、その人と繋がっていたいという気持ちの現れであり、私自身セックス依存症の体験者から言わせてもらうと、全然健全だとは思います。

 

 

しかし、恋愛依存症についても自覚症状がない場合が多いので、自分で知らないうちに酷い状態になっている場合が多い。

 

  • 旦那に夢中になりすぎて子育てをしなくなる
  • 旦那がムスメと仲良くなり過ぎて嫉妬でムスメにツラくあたる

 

 

恋愛依存症は圧倒的に女性に多いようですが、多くは自分の母親の影響だとも言われています。母親も恋愛依存症だったりすることが多く、自分の母親が上記の様にあなた自身に対してつらくあたる。

 

 

そうすることで『自分は愛されていないのではないか』と思うようになり、自分自身が恋愛依存症になるというサイクルになる事が多いようです。

 

 

恋愛依存症だけではありませんが、依存症になる方は私も含め、自立できていない傾向があると言われています。コレに対しては、ある意味賛成であり、反対でもありますが、言っている意味も分かります。

 

 

私自身が5年前、セックス依存症、出会い系サイト依存症の際、人から見れば(もちろんこんなことは誰も知らない)私自身、人生の成功者の部類に入っていましたので、そういった意味では自立している、家庭もステキな自営業の男でしたので。。

 

 

人と話している時、スマホを観ていたとしても、出会い系サイトのやり取りをしているとは誰も思わなかったでしょうし(笑)、むしろ仕事の打ち合わせのためのメールと思われていたはずです。

 

 

恋愛依存症も、自分で自覚がなく、人から観たら恋愛依存症っぽいという人もたくさんいますが、結局は自分の未来を考えるのが大事で、子供の事をおろそかにする、仕事をおろそかにする、そういった事があって初めて恋愛依存症の危険性を感じる人も多いかもしれません。

 

 

私って恋愛依存症かも、、とか、自分は回避依存症かも、、とか、まず自分自身で感じる事から始まるのではないかと思います。

 

依存物は全て無機質

 

私が、5年前自分の依存症を克服したのは、『依存症7日間短期改善プログラム』というものを観たからですが、それには『依存しているものは無機質なもので、代用はいくらでもある』という事を書いています。

 

 

恋愛にしても、彼氏はいうなれば無機質なものです。例えば、その彼氏が『お金を貸せ、(エロい姿を)動画で取らせろ、仕事を休め』と言うような男であれば、一般の常識、また、恋愛依存症ではない女性であればすぐに別れることが出来ます。

 

 

しかし、恋愛依存症の女性は『その男性がいないと人生が終わる』と考えていますので、全て受け入れ、自分の人生を犠牲にします。経済的、時間、そして絶対に消えることがないエロい写真さえも差し出します。

 

 

そういった彼氏なんて、自分の人生にとってマイナスというのは、正常な思考であれば分かる事ですが、それが依存症の怖さなのです。

 

 

よく再婚した男性に自分の子供が虐待されるという事件がありますが、あれもまさに恋愛依存症の典型だと思います。普通であれば自分の子供を守るのですが、彼氏と離れたくないので子供よりも彼氏を選ぶのです。

 

 

『依存症7日間短期改善プログラム』では、そういった依存物は全て無機質なものと考えます。そして、その代用物で自分の未来がプラスかどうかを判断する力を与えてくれます。

 

 

つまり、自分の人生にマイナスを与える彼氏なんてすぐに別れるべきという事を冷静に考えることが出来るという事です。

 

 

恋愛依存症、回避依存症というのは自分で判断することが難しいかもしれませんが、今の現状の彼氏とかを考えた場合、将来マイナスになる可能性が高いのであれば、それは依存と考えるべきだと思います。

 

 

しっかりとマイナス要因を解除して、ステキな未来を歩むためには自分が恋愛依存症と自覚する必要があるというわけです^^。

 

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー